珍しい占い

姓名判断、タロット、手相といった占いは有名で誰でも知っている占いだと思います。ですが、まだ日本では珍しく知っている方も少ない占術はたくさんあります。それらを少しですが、紹介させて頂きます。
 
 

文鳥占い

 

 

文鳥占いとは、主に台湾の龍泉寺の地下街「占い横丁」・香港のテンプルストリートで行われている占術です。
その歴史ははるか遠く、ペルシャからとも言われています。1000年以上受け継がれた伝統的な占いだそうです。

どのようにして占うかというと、たくさんのカードの中からその人にあった必要なメッセージをくちばしで文鳥が選ぶという方法になります。
その姿はとても可愛く、神秘的です。癒されるという声も多いそうです。

日本で占える有名な場所は「愛知県名古屋市大須」にあり、わざわざ台湾や香港に出向くことなく占ってもらえます。
台湾や香港に行かれる方は、本場で文鳥占いを試してみても良いと思います。
 
 

インド占星術

 

 
占星術にもいろいろと種類があり、大きく分けて、中国発祥のもの・古代バビロニア発祥のものがあります。
インド占星術は西洋占星術は発祥が同じなので似ている部分もたくさんあります。しかし、インド占星術はインドの思想が反映され、独自の発展をしてきました。

インド占星術と西洋占星術の大きな違いは、占星術のチャートの出し方です。
インドは「サイデリアル方式」・西洋は「トロピカル方式」を用います。

インド占星術では、人生がこれから起こる出来事を詳細に知る事ができ、そのシステムを「ダシャー」と呼びます。
知りたいと思う事は基本すべて占えますが、特に未来予測に優れています。

日本にもインド占星術ができる占い師さんがいますので、是非興味が沸いた方は体験してみて下さい。
 
 

マヤ歴占い

 

 
今から約4600年前、中央アメリカ南部で誕生し、数千年にわたって栄えた「マヤ文明」

そのマヤ人達が使っていたカレンダーは17~19種類あり、その中でマヤの神宮だけが使っていたとされているのが、「ツオルキン歴」と言われるものです。そのツオルキンのカレンダーで生まれた日のエネルギーがどんなエネルギーなのかを調べるとその人の本質が分かってくるという仕組みなのです。

マヤ歴占いを毎日の生活に取り入れることで引き寄せが起こり始め、願望実現が加速していくそうです。

インターネットなどで簡単に調べられるので、是非皆さん試し楽しんで見て下さい。
 
 
占術は他にもありますので、色々試し自分に合った占術を探すのも良いと思います。